7.手探りで進めてきたスターティングメンバー

ジャックさんとのお話、ヒッターズクラブでの活動のお話を聞いて
さらに入りたい!ということでご連絡をいただいております。

それはそれでうれしいことではあるのですが、
やはりこういったところは、みんなから見えない活動でもあるため、
どうしても参加前に全てが見れるわけではない。 というのが難点かと思います。

こちらとしては、参加していただきたいお気持ちは非常にうれしいのですが
受け取り間違いなどがあってもいけないため、できる限り、ヒッターズクラブについて沢山の事を知っていただいた上で、
その上で参加されるかされないかをご判断いただけたらなと思います。

参加していただくなら、すべてを見ていただいた上で「ご納得」され入っていただきたいため
こちらでもできる限りお伝えさせていただきますね。

今回はそういった意味でも、華々しいお話、派手なお話ではなく、
地味~に、泥臭~い裏話なんかも含めてお話していきたいと思います。

教える側も教えられる側も未経験でのスタート

当初このスクール立ち上げ時に、私もバイナリーについて生徒さん達に教えるということが初めてだったし、
生徒さん達もバイナリー自体が未経験という方がほとんどでしたので

スクールで教えていく過程で、みなさんの理解度や習熟度がどのようになっていくのか?というのが全く予想できませんでした。
マニュアルを作ってお伝えしたとしても、きちんと伝わるんだろうか? 理解してもらえるんだろうか?
どんなところでみなさんがつまづくのだろうか?どんな質問が出てくるんだろうか?

習得するまでにどれくらいの期間がかかるのだろうか?

本当に予測不能でした。

そのため、一番最初はスクール1期という形ではなく、モニター募集のような形で
メルマガ読者さんの中から「スターティングメンバー募集」という形を取らせていただきました。

実際にみなさんの反応を見ながら、スクールを進めていく。
どういう順番で伝えていくのかを都度決めていく。 という方針で、いわば「つぎはぎ」のような形でやってきました。

前編を読んでいただくと、結構みなさんが成果を出されていて、すべてがうまくいっているように見えているかもしれません。
ですが、実際のスクールスタート後は苦労(苦悩)の連続でした。

スターティングメンバーさん達と一緒にやってきた中での苦悩

1.知識量と経験量が違うため、伝えたいことがうまく伝わらない

これについては、わかっているようでわかっていませんでした。
私やジャックさんは経験があるので、当たり前と思っているようなことでも、うまく伝わっていない。ということが多々ありました。
人によっては軽く説明して、その重要度まですべて理解してくれる生徒さんもいましたが、

・なぜそこでそう捉える?
・なぜそこでそんなに難しく考える?
・なぜそこでそれにそんなにこだわる?

という具合に、 「????」 の連続になることが多々あったのです。

アフィリエイトを例にするとですが、

例えば、

・1記事で文字数は何文字書いたら稼げるようになるんですか?
・1記事内に何枚画像を入れたら稼げるようになるんですか?
・ブログの中に記事を何記事書いたら稼げるようになるんですか?

のような質問ってあるじゃないですか。
いや、、、そこそんなにこだわるところじゃなくて、別のところに目を向けてくださいよ・・・。ってな感じで。

そんな感じで、そこでそんなに難しく考えなくても・・・という部分で、何日も悩まれている方がいたり
逆に、ここは重要だよという部分を軽視される方がいたりと、

伝え方の問題もあるでしょうが、ここがうまく伝わらないということがあり、
教える側と受ける側のギャップに悩まされた時期でもあります。

・「まずやってみて。やってみたらわかるから。」 と思える部分だったり

・「適当にやらないで。ここは繊細に見て。」 と思える部分だったり

未経験な方が多いので、
ジャックさんが言うことは絶対であり、ちょっとした発言もすべて大事だと受け取ります。
それもごもっともです。

であるがゆえに、重くのしかかってくる重圧みたいなのもありましたし、

どう伝えたら? どう注意喚起したら?
どうしたら「全員に」 わかってもらえるの?という部分でも悩みました。

もう重要な事に関しては、勉強会で何度も繰り返し伝えていくしかないのか。
そうするしかないね。と、ジャックさんとそのように2人で決めたのです。
そのため、同じような話を2回3回と勉強会で説明したこともありました。

2.「どんどん教えてくれ派」と「じっくり教えてほしい派」に分かれる

スクールの生徒さん達は、みな勉強熱心でもあったため、
勉強会にも都度参加され、毎週毎週勉強会を繰り返す度にどんどん知識レベルが上がっていきました。

おそらく、私のスクールに参加しなければ、何年かかってようやくそこにたどり着く?
というくらいのレベルのことを、すでにスクール開始から1か月の間に教えました。
そのため、ビックリするくらい知識量は何年もやっている経験者と同じくらいのレベルに達している人もいます。

そういった勉強熱心な生徒さんも多かったため、スクール内では、

「まだジャックさんには何か引き出しがあるんだろう」
「ジャックさんはまだ技を持っているんだろう」
「他にも手法があるんだろう」
「もっと応用テクニックもあるんだろう」
「ジャックさんの脳内を全部吐き出してほしい」
「もっと勝てる方法を教えてくれ」

という具合に、不満と期待が入り混じったような要望を多々いただくことも増えてきました。

ジャックさんの意見としては、

「まだ基礎ができていないのに、次を教えたら混乱してしまいぐちゃぐちゃになる。」
「結果的に何も身につかないで終わる。」

ということをすごく懸念されていたため、しばらくは基礎を徹底ということで
勉強会を繰り返していました。

そのような決断のもと、繰り返し教えるということをしていると、

「また結局同じ話をして終わった。勉強会に参加した時間がもったいなかった。」
「理解度の低い人は別でやってほしい。」

というクレームもあったり、

さらに「次を教えてくれ」の要望が過熱化していき、

・いつになったら教えてもらえるんですか?
・今公開されないにしても公開される時期を教えてください。

と言われたりも^^;

これを受けてですが、ジャックさんも苦渋の決断で、当初の予定よりも早めに
勉強会で応用の話をしていくことになります。

ですが、今度、次のステップに進んだら進んだで、また別のクレームが来るようになったのです。

「そんなにどんどん進まれてもついていけません。」
「ますますややこしくなるだけです。」
「毎回勉強会に参加できていない上に、勉強会の時間が長いから録画を見るのが大変です。」
「勉強会を見た前提で話を進めないでください。」
「置いていかれている気分になります。」

このように、スクール内では

1、どんどん教えてくれ派(遅い人は別でやってくれ派)
2、じっくり教えてくれ派(見捨てないで派)

の二極化が進み、それらに私達は板挟みされた状態になっていました。

これらを受けて、
勉強会はこれまで全員共通の勉強会を行っていたというところから

1、通常の勉強会(遅れを取っていない方向けの勉強会)
2、ヨチヨチ組勉強会(じっくり繰り返し学びたい方向けの勉強会)

の両方を行うという流れに変わりました。

2020年7月10日にスクールが開始した後、2020年10月7日までに、

・7月15日
・7月21日
・7月28日
・8月4日
・8月11日
・8月15日
・8月20日
・8月25日
・8月31日
・9月9日
・9月14日
・9月22日
・9月25日
・9月29日
・10月2日
・10月6日

という具合に3か月弱で、16回の勉強会を行ってきました。

最初ということもあったため、
どのように伝えていけば良いかわからず、都度、みなさんの理解度を見て
進めてきた結果このようになっているといえばそれまでです。

ですが、この頻度で行ってきたことにより、
メンバーさんのレベルが早く上がってきた原因の1つであるとも思っています。

メンバーさん達は、毎週毎週、めまぐるしい成長を遂げていきました。

追記(2021/11/16):その後も、毎週の勉強会、及び週2回の個別レクチャー(平均週3回)での指導を続けております。

3.「早く勝ちたい」がために、余計ブレブレに

初期の頃、みなさんが「早く勝ちたい」という気持ちが先行していたこともあり、
教えられたこと以外にも目を向けて詮索をしたり、
ジャックさんが話していないこと以外を日記で話題に出したりしてあーだこーだと議論したりという時期がありました。

みなさんの熱意がものすごく伝わってきていた時期でもあり、
かなり勉強熱心に努力されていらっしゃいました。

ですが、ジャックさんから教えてもらったこと以外にも知識をつけよう! と努力されていたことが
裏目に出たのか・・・

その様子をジャックさんが見て、

「なんかSNSが俺の知らないところでおかしなことになってるんだけど!!
教えてもいないことが話題に上がってるんだけど。」

「なんで余計なことを考えて違う方向にいっちゃってるの!?」

「これ絶対稼げない人の思考だよ。こんなことばっかりやってちゃ稼げるようにならないよ。」

とかなり危機感を持たれていらっしゃいました。

時には、

「負けを取り戻そうとして一発逆転の大きな金額を入れて、さらに負けましたー」
なんていう書き込みもあったり、

「ストレスたまってたので、やってはいけないと思いながらもムキになってエントリーしちゃいましたー」
なんていう書き込みもあったり。

もう完全にブレブレだなと思える書き込みが見られたこともありました。

ルールに徹しないエントリー、感情に左右されすぎて支配されてしまっているエントリー
そういったのも多々見受けられました。

投資をするにおいて、こういった行為やマインドは非常に危険です。

4.みんなぬるすぎる、甘すぎるとジャックさんから喝が入る

また、先のブレブレに という部分にも共通してくるのですが、
SNS内の日記が最初の頃は、「負けた人の傷を舐め合う日記」のようになっていました。

・今日はここでエントリーして負けました
・今日はムキになってこんな掛け方しちゃって負けました
・今日は負けを取り戻そうとして感情的になってルール外のことやっちゃって負けました

等、色々な負け報告があり、日記に書かれているので余計に目立ちます。
勝っている人はいますが、そういった人に限って日記には書かないんですよね。

そういうこともあり、なぜか日記が負け報告場所のようになっていた時期もありました。

ですが、ジャックさんがそれらを見て
「なんでそんなことやっちゃってるの?」
「教えてることと違うことやってない!?」
「誰もそんなこと教えてないよね?」

ってなツッコミを入れたくなるような人も多々いたりして。

それで、教えてもいないことやって負けてるのに堂々と書かないで欲しい。
それでジャック式をやってるだなんて言わないで欲しい。

と注意した時がありました。

また、ジャックさんにとっては、みんな稼ぎたくて学びに来ているはずなのに
なんか本気度が全然感じられない。本当に稼ぎたいと思ってるのか?
と疑問を感じていた時期があったようです。

「とにかくぬるい、甘すぎる。そんなんでは勝てるようにならない。
遊びじゃないんだから。俺はこれでメシ食ってるんだから。」
と。

また勉強会中に、ある生徒さんから
「もっとみなさん本気でやりましょう。じゃないとジャックさんや桜子さんに失礼です。」
という注意が入ったこともありました。

5.「勝率を上げる」=「エントリーチャンスが減る」

ジャックさんが実践している内容を動画や勉強会で説明し、それを生徒さんにも実践してもらいました。
ジャックさん自身はそれでずっと勝てていますし、勝率が高いので、同じことをやればみんなも勝てると思ってみなさんに教えています。

ですが、生徒さんが何百人といらっしゃり、勝てる人もいれば、負ける人もいる。
勝つ日もあれば負ける日もある。

ジャックさんがある程度ルールをハッキリはさせてくれてはいますが、
ジャックさんがスルーするようなところで、生徒さん達は入ってしまう。
ルール通りにやってるつもりでも負ける。

これは、経験による差、裁量(見極め)による差が多少あるのだろうと。

何が違うんだ? ということで、みなさんには、エントリーした箇所のチャート画像を保存してもらっているので、
負けている箇所については、どういう箇所で負けが多いのか?というのを分析してきました。

その結果、ジャックさんが「そんな場所ではエントリーしませんよ」 という箇所で入っているということも判明。
じゃあ、その入らない箇所って、言語化するとどういうこと?
ということで、ルール(フィルターと言います)を追加します。

そうすると、ルールが明確化されわかりやすくなり、同じような場面でエントリーすることはなくなるので、
何度も負けていた場面で、過去と同じような場面での負けは減らすことができました。
その分、勝率が上がります。

ですが、フィルターを追加することにより、従来のエントリーポイントが、入ってはいけない箇所になるわけですから
エントリーチャンスが減ります。

このことにより、「エントリーチャンスが少なくなった」ということで文句を言う人も出てきました。

ジャックさんの教えでは、
毎日3勝を確実に積み重ねていくだけでもお金は増えていきますよ。

適当にどこでもポンポンエントリーしてたらいつかやられますから、しっかりと確実なところで取った方がいいですよ。
大事なのは負けないことです。

というのも常々みなさんに伝えていました。

ジャックさんのようにしっかりと見極められる力がついていれば、もっとエントリーしても良いかもしれませんが
まだフワフワしているうちは、「確実に取れるところ」を狙っていくことが大事。 もっとルールを徹底しよう。

ということを繰り返し伝えてきました。

エントリー数を求める人はいつか滅びる

これはジャックさんが強くおっしゃっている言葉です。

エントリーチャンスが多い ということはうれしいことでもありますが、その分、負けを拾いやすくなる
ということでもありますので、 いかに負けを減らすか。 そう考えると、ルールを厳しくしていくしかありません。

数打ちゃ当たる の精神だといつか痛い目を見ますので、 そこはしっかりと意識を改め、ジャックさんの教えに従って
決められたルールに当てはまったところのみ。妥協せずにエントリーをしていく。

負けないエントリーをすれば、お金はしっかり増えていきます。

これを1か月目、2か月目・・・ と勉強会を重ねていく間に、みなさんがその重要性を理解されるようになってきました。

エントリーチャンスが少なすぎるのもさみしいですよね。
というお話も以前しましたが、エントリーチャンス(回数)を求めすぎてポンポンやりすぎても
ルールが甘くなったりして勝率は悪くなってしまうので

どこかで精査(制御)しなくてはいけない。 負けないのが大事なので、利益を増やすためには
エントリーチャンスは多少減るものの、そこは仕方ないことである。 と目をつぶるしかない。 ということです。

(ですが、他には、もっとエントリーチャンスが少ないノウハウもたくさんあるため
まだそれらに比べると多い方だと私は思います。)

特にスクール内でも大きく勝っているメンバーさん達は、
回数を限定してエントリーしている というのが記録からわかるので

みなさんもそういった「大きく勝っている生徒さん」のエントリー回数やエントリーに対する考え方を見て
1エントリーの大事さを理解され改心された方も多くなってきました。

5.勝てている人と負けている人の差は!?その違いに気づいた

スクールが始まってから2か月経った頃です。

・みんな同じノウハウを教えてもらっている
・みんな同じように勉強会を受けている
・ほとんどの人がバイナリーでの経験は一緒(95%以上が未経験)

という具合に、「条件」は一緒なのに、成果の出方に違いが出てきました。

ずっと勝ち続けている人、なぜか負けが多い人

という具合に、キッパリと明確に分かれてきたのです。
最初は、みなさん似たり寄ったりだったんですが、2か月になると本当に明確に分かれてきました。

バイナリー未経験ながらも、みんなと同じようなことしか習っていないのに、
何週間も連続で負けなしで勝ち続けているメンバーさんがいる。

「あの日だけ〇〇さんが大勝ちしていた」とかそういうことではなく
もう何週間も勝ち続けているわけですから、それって偶然じゃないですよね?

勝ち続けている人には、それなりに理由があるわけです。
(負けが多い人にもそれなりに理由があるわけです。)

果たして、負けが多いメンバーさんと、勝ち続けているメンバーさんとは何が違うのでしょうか!?

この違いを、みなさんに考えてもらい、「勝てているメンバーの考察レポート」なるものを提出していただく
という企画をスクール内で行いました。

週末の間に、スクールメンバーさん達には

・メンバー全員の日報を見て、勝てている人と負けている人の違いを見つけてもらう

・わかったこと気づいたことをレポートにしてもらう

ということをしました。

このレポートは、かなりの数ご提出いただけましたが、
みんながこぞって「勝てている人の特徴」として書いていた内容が、おもしろいくらいに一致していたのです。

それは・・・

・軸がブレていないということ・教えに素直であるということ
(よそに気が向いたり、余計なことをしていないということ)・適当にエントリーしていないということ
(エントリー理由が言葉で説明できるくらい明確であり、後々突っ込まれる要素がないということ)

・この人は、何かやらかしそうという危なっかしさは一切なく、とにかく見ていて安心感があるということ

・期待値の高いポイントのみに絞りこんでエントリーしているということ
(エントリー回数を少なく、実践時間を短く = 効率が良い)

でした。

実際に考察レポートを作られた方の中には、勝率低めのメンバーさんもいらっしゃり

その方は、自分は
・他に勝てる方法がないかとよそ見をしていた
・教えてもらっていないこともあれこれ試したり余計なことをしていた
・エントリー回数を多くしたり、無謀なエントリーをしていた

等、負ける要素だらけだったということ(勝てている人との違い)に気づき、
自分が負けやすかったのはなぜなのか?という部分がわかった。と。

自分と同じ条件で、同じ時期に開始して同じように学んできたはずなのに、こうも違うものかと
差を見せつけられて衝撃を受けました。 とおっしゃっていました。

その方は、その後改心し、トレードスタイルも変わり、
余計なことをせず素直に取り組むようになってから勝率が上がりだしています。

やはり、負けが増えてしまうと、

・本当にジャックさんのノウハウで勝てるようになるのか?
・自分が勝てていないのは、自分のせいじゃなくノウハウが悪いせい

と思ったりするものです。

・別の手法を教えてもらえば稼げるかもしれないのに

というような考えも出てくるでしょう。

しかし、このように、勝てているメンバーの考察を行っていただいたことで、
自分が負けているのはノウハウのせいではなかった。 同じようにジャックさんの手法を教わり
ジャックさんのノウハウのみに絞り込んで実践している人でもしっかり勝ち続けている人がいる。
無駄なことをせずに素直にやり続けている人こそが勝ち続けている。

エントリー回数ではなく、勝率(精査すること)に重点を置いている人が勝ち続けている。

ということがわかり、改心された方がかなり多かったように思います。

その後の、みなさんの取り組む姿勢や勝率もかなり変わり、良い方向に変化する人も多くみられました。

もし、このノウハウを教えたのが、スクール形式のSNSではなく、情報商材だけだったら?と思うと
とっくの間に挫折していた人が多数いたかもしれませんね。

こういった環境があり、勝てているメンバーを目のあたりにできたことで
新しい気づきがあり、改心することができたのです。

舐めている人、甘く見ている人はお断り

前編で見ていただいたのでわかると思いますが、
開始2週間でも、あんなに稼げる人が続出しているのも事実。

アフィリエイトでこんなに日給を早く稼げるなんて、考えられないことです。

なぜそんなことが可能なのか?みんなで共通化できるルールがあり
そのルール化での実践ができるため、アフィリよりもよっぽど簡単じゃーん ってなるんです。

そのため、ちょっとした遊び感覚でやってみたら、勝てちゃったなんてこともあったり。

アフィリのように初報酬まで何か月もかかるとか、3年やっても何も成果が出ない。
なんてことがないため、なまじ「できてしまったような」気になってしまうのも事実。

しかし、お金を稼ぎ続けるということはそんなに簡単ではないですから、舐めてかかってはいけないです。
真剣に取り組む姿勢がないと、どこかで適当さ、いい加減さが入ってしまったら、いつかドカンとやられてしまいます。

あ~やっちゃった~ 負けた後取り戻そうとしてルール外なのに掛けちゃったー (てへぺろ)

なんてことは、1回たりとも、本当はやってはいけません。
ですが、それをわかっているのに心が制御できず、やってしまう人が結構いる事実。

精神ブレブレな人が本当に最初は多かったです。(まだこういうことをやってしまう人がいます。)

そういったことも含め、ジャックさんは「もっとみんなには真剣になってほしい」と考えていて、

実際、俺にとっては簡単なことではあるし、実際大きく稼げている人はたくさんいるから
簡単という表現もあるかもしれないけれど、

でもやっぱり、「簡単に稼げる」(努力しないで稼げる)っていう甘い考えで入ってきてほしくない。
そういう考えのぬるいヤツ、甘ったれたヤツはスクールに入れないで欲しい。

そういう人に指導もしたくない。

「だから、お願いだから桜子さん、そういう人は絶対入らないでって断ってくださいね。」
と、キッパリと宣言されてしまいました。

私とジャックさんは
「教えるからには絶対に稼げるようになってもらいたい。」
そのためには徹底的にサポートしますよ。ということで本気なんですね。

そんな中でぬるい考えの人が入ってきたら、邪魔になるだけです。
またルール外なのにやっちゃいましたー 負けちゃいましたー
ムキになってガンガン入れちゃいましたー テヘペロ

とか、負けているのを人(やノウハウ)のせいにする、
全然教えてくれない~等 文句しか出てこない人などは、全体の士気も下がりますから
そういう人はご遠慮いただいてます。

なかなか勝てません。なかなか理解できません。

私は頭が悪いので理解が全然できず迷惑をかけるかもしれません。

そういった方は何も問題ありません。
やる気さえあれば、本気度さえあれば、こちら側も徹底的に面倒を見ますのでご安心ください。

問題は理解度があるかどうか ではなく、やる気があるかどうか です。

寝てても稼げる、軽く見ていても稼げる

そんなものではありません。 それなりに真剣に取り組まないと 「メシを食っていけるレベル」にはならないので、
しっかりと「お金を稼ぐということはどういうことか」 を考えて実践できる方のみ

を当スクール生として受け付けています。

スターティングメンバーさんに 「ありがとう」「これからもよろしく」

今回お話したように、スターティングメンバーさん達には、
手探りで進めてきたこともあり、闇の中に立たされているような状態で実践してもらったりと
かなり迷惑をかけてきた部分もあります。

いつ次のノウハウを公開するか教えてください。
と言われても、みんなの習熟度がわからないと何もわからない

という状態だったりもしたため、カリキュラムの予定も公開せずに、
都度つぎはぎでやってきました。

それでも、

「桜子さんやジャックさんにここまでしていただいて本当に感謝しています。」
というメッセージやコメントも絶えずいただいており、うれしい限りです^^

まだまだ発展途上段階ではありますが、

このスターティングメンバーさん達と一緒にこのスクールを完成させるため、
みなさんが稼げるようになるよう、改善を繰り返していきます。

こんな中でついてきてくれたスターティングメンバーさん達に「ありがとう。」

そして「これからもよろしく。」(2020/10記)

次のお話はこちら >> 8.さぁさぁ、楽しくなってきましたよ~

 

これまでのお話まとめ

タイトルとURLをコピーしました